池袋のプラネタリウムがリニューアル 記念作品「銀河鉄道の夜」上映も

「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」

「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」

  •  

 サンシャインシティ(豊島区東池袋3)の「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」が6月30日、リニューアルオープンする。

リニューアルイメージ

 「夢よりも美しい、星空の下で」をコンセプトに、6台構成のレーザープロジェクターへ一新し、「今まで以上に美しい星空と映像を実現する」という。改装工事は6月11日~29日。

[広告]

 寝転んで星空を眺められるプレミアムシート「芝シート」は、芝の上にふかふかのラグを敷き、ランタンの明かりに彩られたエリアにリニューアルする。

 リニューアル記念上映作品として、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」を映像クリエイターのKAGAYAさんがデジタルアート作品として表現したプログラムの上映を行う。プラネタリウムドーム360度に広がる銀河のパノラマ風景に包まれる、「星めぐりの夜」を届けるという。また、5月23日からは「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果てで~」の上映もスタートする。

 入場料は、大人=1,500円、子ども=900円、プレミアムシート(1シート2人分料金)の芝シート=3,500円、雲シート=3,800円。ヒーリングプラネタリウム番組は、一般シート=一律1,700円、芝シート=3,900円、雲シート=4,200円。