見る・遊ぶ

池袋で「ハロウィンコスプレフェス」 小池都知事もメーテル姿に

「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」ステージの様子

「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」ステージの様子

  •  

 池袋東口エリアで10月27日・28日、コスプレイヤーが集まる大規模イベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」が開催された。

小池百合子東京都知事もコスプレで登場

 サブカルチャーの聖地として知られる池袋東口エリアの「乙女ロード」を中心に、国内外から多くのコスプレイヤーが来場する同イベント。

[広告]

 2014年に始まった同イベントは今年で5回目。主催者発表による来場客数は、2日間で延べ10万5000人(うちコスプレイヤー2万人)で、ネット来場者は約18万2000人だったという。

 2日目のオープニングセレモニーには、アニメ「銀魂」の登場人物 「坂田銀時」に扮(ふん)した豊島区・高野之夫区長や、「銀河鉄道999」 の「メーテル」の衣装を身にまとった小池百合子東京都知事が登場した。

 小池都知事は「コスプレは見ているよりは着た方が楽しい。漫画やアニメをモノからコトに変えてみんなで楽しむという文化を発信していく発信地として池袋、東京を応援していきたい」と宣言し会場を沸かせた。

 東池袋中央公園の特設ステージではコスプレイヤーがステージランウェイに出演。ニコニコ生放送でも生中継され盛り上がったほか、親子コスプレイヤー限定の「親子でハロウィン」も行われた。

 南池袋公園と中池袋公園の間をランウェイに見立ててた「池袋エクストリームコスプレランウェイ」では、300人以上のコスプレイヤーが登場し池袋の街を練り歩いた。