見る・遊ぶ

「池袋ハロウィンコスプレフェス」今年も 昨年は10万5千人来場、ナイト企画も

過去開催時の様子

過去開催時の様子

  •  
  •  

 コスプレーヤーが集まる大規模イベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」が10月26日・27日、行われる。主催は、アニメイトと、動画サービス「niconico」を運営するドワンゴなどが中心となる実行委員会で、共催は豊島区、サンシャインシティなど

過去開催時の様子

 「乙女ロード」を中心にサブカルチャーの聖地として知られる池袋東口エリアを舞台に、国内外から毎年2万人以上のコスプレーヤーが参加する同イベント。

[広告]

 2014(平成26)年にスタートし今回6回目で、昨年は2日間で10万5000人が来場した。

 期間中はコスプレのままで街中を回遊できる。池袋東口エリアの大通りや公園、一部一般店舗などを舞台に、フォトスポットやコスプレアイテム体験などさまざまなイベントを行い、メイン開場ではコスプレーヤーによるランウェイ企画も実施。イベントの模様はニコニコ生放送で全世界へ向けて生中継する。

 今年はナイトタイムエコノミー需要に向け、DJイベントや飲食店と連動した、夜に行う企画も複数予定。2020年夏にグランドオープン予定の新複合商業施設「Hareza池袋」のうち、今年11月にオープンするドワンゴ運営のサテライトスタジオ「ハレスタ」と「パークプラザ」を先行するほか、リニューアルした中池袋公園をメイン会場とする。

 名誉実行委員長の高野之夫豊島区長は「豊島区は今年11月、Hareza池袋のオープンにあわせ、アニメの聖地・池袋を世界に発信する『池袋アニメタウンフェスティバル』を開催する。2020年3月にはトキワ荘再現施設もオープンし、マンガの聖地に向けた取り組みを加速していく。今年2月に開幕した東アジア文化都市では、世界共通の文化である漫画・アニメの発信地としての池袋を世界に大きくPRする事業を展開している。東アジア文化都市がフィナーレを飾るこの秋、完成するHareza池袋を中心に、すべてが集まり、まち全体がかつてない興奮と感動に包まれる。皆さんの夢、皆さんの未来が広がる池袋にぜひお越しください」と来場を呼び掛けている。

 開催時間は10時~18時(ステージイベント=11時~17時)。参加・観覧無料、コスプレ・カメラマン登録料=2,000円。

  • はてなブックマークに追加