食べる

R・ベッカーズ池袋東口店に次世代セルフ注文決済端末 レジの待ち時間軽減

R・ベッカーズ池袋東口店

R・ベッカーズ池袋東口店

  •  
  •  

 新型の次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」が9月4日、池袋駅東口1階「R・ベッカーズ池袋東口店」に導入される。

 同店は、これまでにスマートフォンなどから事前注文・決済ができるモバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を取り入れており、「今回の端末導入により、事前注文とセルフ注文の2つに対応した『未来型店舗』の第1号になる」という。

[広告]

 オーダー・キオスクは、JR東日本グループと、ショーケース・ギグが共同開発した新型端末で、クレジットカードや交通系電子マネーなどマルチ決済に対応。端末により、客のレジの待ち時間を軽減できるほか、注文した商品の調理進捗を店内のデジタルサイネージで確認できるようになる。モバイルオーダーサービス「オーダー」を活用し、待ち時間なく商品を受け取ることも可能。

 店舗としては端末の導入で、注文受付や会計業務を軽減でき、店舗オペレーションの効率化、省人化を図れるため、人材不足の解決にもつながる。同店では、この端末を導入することで、1人分のレジ人員削減ができる見込みだという。

 JR東日本グループでは、今後も同様の未来型店舗を増やしていくほか、急増する外国人旅行客に対応するため、端末の多言語化を計画しているという。

 営業時間は6時30分~23時30分(金曜は翌1時まで、土曜は5時~翌1時、日曜は5時~23時30分)。端末の導入は9月4日11時30分から。

  • はてなブックマークに追加