見る・遊ぶ

東京芸術劇場などで展覧会「池袋への道」  歴史的資料や写真などで地域の魅力伝える

東京芸術劇場

東京芸術劇場

  • 35

  •  

 展覧会「池袋への道ー近世の歴史資料、池袋モンパルナス、森山大道展」が現在、東京芸術劇場(豊島区西池袋1)などで開催されている。

 池袋の地域の魅力を多角的に伝える展覧会で、主催は東京芸術劇場と豊島区。会場は東京芸術劇場のアトリエイースト・アトリエウエスト、豊島区立郷土資料館企画展示室、雑司ヶ谷鬼子母神堂。

[広告]

 展覧会では、池袋の魅力を現代作品から、戦後、戦前、江戸時代とさかのぼってさまざまな作品を紹介。歴史的な積み重なりを可視化することを試みるという。

 古地図や絵馬などの歴史資料や、近代の絵画・水彩・素描・版画、池袋在住の写真家・森山大道さんの新規撮影を含む写真作品など、全236点を展示する。

 開館時間は会場により異なる。2月28日まで。