買う 暮らす・働く

新型コロナ禍の首都圏商業施設集客力調査で西武池袋本店が首位に

西武池袋本店

西武池袋本店

  • 120

  •  

 日経リサーチ(千代田区)が12月3日に発表した商業施設の利用実態調査「商圏センサス首都圏版 2020年秋」で、西武池袋本店(豊島区南池袋1)が首位となった。

 1都3県に居住する約1万4000人を対象とした調査。毎年春と秋に実施し、今回の調査では1都3県にある約700の商業施設を対象とした。

[広告]

 調査結果では、2013(平成25)年春の調査以降、今年春調査まで15期連続で首位だった伊勢丹新宿店が2位となり、西武池袋本店は前回の3位から首位となった。

 ランキングは、1位西武池袋本店、2位伊勢丹新宿店、3位渋谷ヒカリエ、4位小田急百貨店新宿店、5位ヨドバシAkibaビル(マルチメディアAkiba)、6位御殿場プレミアムアウトレット、7位銀座三越、8位ルミネ新宿、9位アトレ吉祥寺、10位ラゾーナ川崎プラザ。

 日経リサーチは、「今年4月から5月にかけて、緊急事態宣言により各社は休業を余儀なくされたが、西武池袋本店をはじめとするそごう・西武各店は主要な百貨店・商業施設の中で比較的早い時期に営業範囲の拡大を実施し、ニュースなどでも取り上げられた。西武池袋本店は前年に比べ、練馬区など近隣からの来店が増えたほか、食品・総菜を目当てに利用する人が増えた」と分析している。